下肢静脈瘤は名医のいる病院で治療|最高のオペをしよう

脳の状態を知るための検査

治療室

京都では脳ドックの際の検査に3D画像を用いるクリニックもあります。これまでよりも正確に脳の状態を把握することが出来ることから、病気の早期発見、早期治療に繋がると期待されています。定期的に検査を受けることが大切です。

Read More..>>

自然治癒力を回復させる

医者

血液クレンジングとは、採取した血液をオゾンの力で浄化し、再び体内に戻す療法です。きれいになった血液が、体内に入ることで健康効果や美容効果が期待できます。冷え性や肩こりが治ったり、アンチエイジング効果もあります。免疫力が増すので、がんの再発防止としても利用されています。大阪でも人気の療法です。

Read More..>>

静脈を消滅させる治療

下肢静脈瘤は名医の病院で治療をしましょう。症状を放置していると大きなリスクを背負うことになります。早めの診療を心がけることです。

病院

血液は心臓から出発して、動脈を通って各部位へと流れていきます。そして各部位から、今度は静脈を使って心臓へと戻っていくのです。心臓の鼓動により血液の流れが作り出されるので、動脈でも静脈でも基本的には同じリズムで血液が流れています。ところが下半身の静脈では、心臓よりも低い位置にあることから、血液が重力に逆らうようにして流れています。そのためうまく流れずに、静脈内に血液がたまってしまうことがあります。そしてたまった血液によって静脈が膨れ上がってしまう病気が、下肢静脈瘤です。下肢静脈瘤は自然には治らないため、発症した人の多くが、病院で治療を受けています。その中でも名医のいる病院には、特に高い人気があります。従来は下肢静脈瘤の治療は手術によっておこなわれていたのですが、名医のいる病院でなら、手術よりも負担の少ない治療で完治させることが可能となっているのです。

名医のいる病院では、具体的には注射やレーザーによる下肢静脈瘤の治療がおこなわれています。まず注射による治療ですが、これには硬化剤と呼ばれている薬剤が使われます。注入すると静脈が固まり、血管として機能しなくなります。すると体は、その静脈を体にとって不要な存在とみなし、老廃物として処理します。つまりその静脈が消滅し、それにより下肢静脈瘤が治るわけです。レーザーの場合も同様で、これは静脈内からレーザーファイバーで熱を与えることで、静脈の機能を失わせるのです。そしてどちらの場合も、血液は健康的な別の静脈を使って流れていくようになります。ただし名医によるこういった治療を受けても、下半身での血行が悪いままだと、下肢静脈瘤が再発する可能性があります。そのため治療後は、マッサージや適度な運動などにより、血行を促進するための努力をすることが肝心となります。

訪問診療を行う病院

院内

都筑区では古くから住んでいる住民の高齢化が進み、内科の外来診療と並行して、訪問診療を行う医療機関も増えています。訪問診療を依頼する場合には、ケアマネジャーや訪問看護師などの専門知識のある人に相談し、一人暮らしの場合には処方箋の薬も届けてもらえるように手配しましょう。

Read More..>>